当ブログについて

本日は当ブログへの御アクセス、ありがとうございます。

当ブログでは主としてプラレールに関する内容を中心に
鉄道、旅行、アニメ、動画製作、創作物語とジャンルを問わず、日々の生活振りを記録してまいります。

※プラレールは「株式会社TOMY」の登録商品です。
※TOMYは改造を推薦しておりません。
※改造に関しては御自分の責任でお願いします。



【Twitterはじめました】
リアルタイムでの情報はこちらからドウゾ→ @hukuen_a4


【旧ブログなんてのもあるんですよ】
活動したばかりの頃から2012年頃までの記録です→こちら


【あと動画とか作っちゃってるんですよ】

プラレール運転会などの記録も残ってますよ、奥さん。


これから作っていければいいなって思ってます。
[ 2030/08/06 00:00 ] はじめに | TB(-) | CM(0)

特務機関


2015年の14系以来の記事です。うわぁ…(ドン引き)
他にもちょこちょこと作っていたような気がしますが、何を作っていたのかわかんないので割愛。
今回も割愛予定だったもので、満足に写真をとっていないので、その辺は勘弁してください。

え、今から撮影すればいいじゃんって?部屋片付けたのに、また散らかすのは面倒なんすよ…

IMGP7992.jpg
特務機関NERV専用列車“NERV CARGO TRAIN”
ヱヴァンゲリヲン新劇場版の本編には、使徒迎撃の為に突っ走る初号機が蹴飛ばす電車軍にまぎれた一瞬の登場のみで
設定記録全集にも小さく表記されているだけの、小さな存在を今回作ってみました。
といっても、画像は前照灯部分の色指しが終わっていない状態なんですけどね(笑)

IMGP6714.jpg
製品のレールカーゴを塗り替えただけで、大きな改造点はありません。
強いて言えば、搭載しているコンテナもシールを自作しNERV専用コンテナとしたところでしょうか。
側面の波塗装に苦労し、1000番代さんにお手伝いしてもらいました。

一応現在は6両編成で走行させていますが、ゆくゆくはもう少し長くしたいところ。
交流貨物電車とかではありませんので、あしからず(笑)
[ 2017/07/24 17:07 ] 改造 | TB(-) | CM(0)

多治見プラレール運転会

東北回廊旅行からトレインくらぶin桶川に参戦し、この撤収が終わったのが18時頃。
流石に汗臭さや疲労が蓄積し、着替えも底を付きそうだったので一時帰宅しシャワーと洗濯を済ませます。
その後、再出撃し新宿で2時間ほどぶらぶらして当日発車の深夜快速ながらのキャンセル待ちをし、なんとか席をゲット。
23時初の大垣行きながらに乗車し、ぐっすり(?)寝て、次に目を覚ましたのは…

IMGP7950.jpg
みゃ~な場所でした。

IMGP7953.jpg
すぐさま「駅前で待て」という謎のメールが届き待つこと数分、えちごやさんがいらっしゃいました。
どうやら東北回廊旅行でヘトヘトの私を名古屋まで脚を伸ばすよう指示してきた人に言われて、送迎に来てくださった様子。

IMGP7975.jpg
しかし時間が余ってるねーどうしよっかーと早朝の名古屋を観光。
観光といっても外から名古屋城をみて「鯱ですねー」「そうですねぇ」と無駄に歩いて汗をかいたり…

IMGP7977.jpg
「リアルUターンレールですねぇ」「そうですねー」とバブルの遺産を眺めたり。

えちごやさんとの世間話に花をさかせながら渋滞に巻き込まれつつ世間話をしていると、車はどんどん山道に入っていきます。
スリル満点の運転に加え、目的地がわからないので(冷房の寒さにも)震えること一時間…

IMGP7980.jpg
プラレールと、各務原でお世話になっているトーマスブースのAndyさんがいらっしゃいました。
そう、猛暑でお馴染みの岐阜県多治見市で行われている多治見運転会に、Andyさんが呼んでくださったのです!
こんな一若者を呼んでくださって感謝の念、絶えません。

IMGP8003.jpg
忙しない各務原とは代わり、まったりとした雰囲気の多治見運転会ではじっくりレイアウトを観察。
シンプルながらも列車の往来が楽しく感じられる配線は今後参考にしたいところです。

IMGP7992.jpg
当時流行っていた1/4レールを使用した緩やかな曲線に傾きをつけて実写さながらの風景も。
車両については、また別記事でご案内するとして…

IMGP7981.jpg
えちごやさんが一晩でやってくださったEF64や、お姿こそなかったもののべーやんさん作のDD51さくら列車と撮影。
また、大御所の眠り王様もいらっしゃっており、丁重にご挨拶した際に
えちごやさんに「この子もね、運転会で寝るんですよ」と暴露され、見事に眠り王子の称号を頂きました(笑)

そんな感じで、お邪魔した多治見運転会は帰路の都合で撤収前に会場を後にしました。
呼んでいただいたのにお手伝いも出来ず、本当に申し訳ありませんでした。とても楽しかったです。
また機会があれば、是非お邪魔したいと考えています。ありがとうございました。

…あれ、寅さんがいたような気がする。ほかにも何方かいらっしゃったような。あれ。あれれ~。
[ 2017/07/24 16:43 ] 運転会 | TB(-) | CM(0)

第二回トレインくらぶin桶川


広大で壮大な東北回廊旅行の終着点となった埼玉・大宮に到着したのは13時頃。
そのまま家に帰るのもありですが、ここで高崎線に乗って桶川へ。

IMGP7867.jpg
就職後はハイエースに没頭しているJOIN-Tメンバーの和ちゃんによる、桶川運転会にお邪魔してきました。

IMGP7889.jpg
高崎線の車両が中心に走っているのは勿論でしたが、プラレールタワーはすべて205系で埋め尽くされています。

IMGP7897.jpg
トミカタウンではバスが多く走っており、誰が運転会のメイキングをしたのか一目瞭然でした(笑)

IMGP7920.jpg
歩道橋の上から電車に手を振る小学生(?)もいたり。

IMGP7893.jpg
編集するかしないか分からないけど、一応動画も撮影。
そして撤収のお手伝いをして、解散となりました。汗臭い寝不足で迷惑おかけしました。

社会人になった和ちゃん、また機会あれば是非運転会を開催してほしいなあ、と思います。
参加された皆さん、児童館の皆さん、ありがとうございました。
[ 2017/07/24 16:08 ] 運転会 | TB(-) | CM(0)

その、東北の回廊は......(伍)



IMGP7735.jpg
ここまで東京→新潟→秋田→青森と日本海側をぐるっとまわった東北回廊旅行。
青森市ねぷた祭りを堪能した翌朝はこれまでの18切符とは代わって、はじめての東北新幹線をつかいます。
正直ここまでの旅程が結構無茶苦茶だったので、新幹線は非常に快適でうたた寝してしまいました。

IMGP7742.jpg
青森のご当地ご飯は食べたけど、出来れば駅弁で統一させたいなあ・・・と思ったので
青森の美味しいいくら駅弁当を朝食代わりにいただきました。

IMGP7747.jpg
津軽海峡を渡って北海道・・・も魅力的でしたが、今回は太平洋沿岸を南下し宮城県仙台市にやってきました。
東北の夏祭り(新潟を含めて)5つ目は、仙台七夕祭りです。

IMGP7763.jpg
実家の静岡県清水でも清水銀座商店街・駅前銀座商店街の連なる商店街で行われる清水七夕祭りも大きな祭りですが
仙台七夕祭りは全国区で有名な七夕祭りで、その規模を写真ではお伝えできないのが残念です。

IMGP7781.jpg
もちろん、願いが書かれた短冊も吊るされていました。
震災から5年が経ち、東京では生々しい映像も過去になりつつありますが、実際に被災した人たちからすれば
それはまだ一昨日の出来事のようで、短冊を読んだ私の胸は少し締め付けられるような思いでした。

また実家の話になってしまいますが、静岡出身である私も人事ではありません。
「発生するのか?」ではなく「いつ発生するのか?」と言われている東海地震発生地域には
大事に育ててくれた祖父母や親戚、青春時代の半分を過ごした友人達、そして思い出の場所が多くあります。
そういった私自身の境遇も重なって、被災された方々の悲しみ、怒り、苦しみが、いつ自分の身に起るのか不安ですが…

IMGP7863.jpg
などと考えながら、再び新幹線に乗車し仙台名物の牛タン弁当を頬張りました。

IMGP7866.jpg
そして大宮で下車。
日本海側の旅が18切符だったのに対し、太平洋側はあっさり新幹線でワープしてしまいましたが、これにはちょっと訳が…

かくして、新宿→新潟→秋田→青森→宮城と巡った東北回廊旅行は終了しました。
初めての東北で、はじめての東北夏祭りを堪能したい!と思い、当初の計画より時期を少しずらしましたが
後悔はありません。反省もありません。とてもステキな旅行になりました。
ただ、東北地方を回廊したとはいえ、満足したわけではありません。
山形や岩手、福島の夏祭りは日程的に諦めてしまったり、東北沿岸部の被災地訪問も出来ず、
次回があれば、是非リベンジをしたいなあと思います。

現地で出会った皆様、旅のサポートをしてくださった皆様、本当にありがとうございました。


…といった具合で旅行は終わりましたが、実はこのまま帰宅できません。それは―――――――
[ 2017/07/24 15:43 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)