その、産業と歴史の島は......(5)


IMGP8532.jpg
で、でたああああああ!!!!
運用の都合で午前10時発の東海岸最速特急列車になれないCI225のフライング・スコッツマン編成!!!!!!

IMGP8527.jpg
びゃあぁ・・・かっこいい・・・
蒸気機関車のフライング・スコッツマンに会いたい!と思っていたけど、こっちに会えただけで満足!!最高!!UK最高!!

IMGP8550.jpg
ホームを渡って一枚。うーん、かっこよすぎやしませんか?
朝から慢性的に曇りだったこの日、数少ない日光が差し込んでくれて、いやー神様、本当にありがとう。

IMGP8555.jpg
ってなわけで、フライング・ニコッツマンは駅を発車していきました。
出来ればコイツに乗って出かけたかった気もするけど・・・まあ出発は明日だから仕方ないね(言い訳)

IMGP8574.jpg
ロビーに戻るとこんな具合で各列車の情報が表示されています。
1時間先くらいの列車情報まで表示されているあたり、日本とはちがうな~って感じなのですが
問題はこいつら、現段階で何番線発着なのか決まっていないということ。
列車名と発着時刻、停車駅のみ表示されており、発車時刻の15分前くらいに番線が決まり表示されるそうで
昨日A列車が2番線から発車したからといって、今日もA列車が2番線から発車するとは限らないそうです。
おそらく分割民営化の仕組みが絡んでいそうな気がしますが、まあ日本じゃ到底考えられません。

IMGP8579.jpg
さてさて、本日もロンドン市内の観光です。
昨日から思っていたのはロンドンの空は広いなぁ、ということ。
一国の首都である以上はもっと高層ビルとか乱立しているものだとばかり思っていましたが、日本とアメリカだけみたいで
ヨーロッパではそこまで高層ビルという高層ビルはないとのこと(友人談)。
特にイギリスは世界大戦でも大きな被害がなく、かつての建物類が現役であること。
またお国柄も重なって、特に地方にいけば行くほど日本のような近代的建物は少ないとのこと。へ~そうだったのか。

IMGP8580.jpg
とはいえ、マクドナルドはやはり世界共通です。
「日本のLサイズは海外ではSサイズだよ」と聞いたことを思い出して、調子に乗ってLサイズを頼んでみたところ
思っていたよりは少ない量が出てきました。やっぱりアメリカが規格外なだけなんだなぁ。イギリスの人はみんな細いし。

IMGP8584.jpg
腹ごしらえも終えて、地下鉄にのって移動します。
非接触型カードで乗車した場合、乗車運賃が一定金額を超えると自動的に一日乗車券としてみなされる仕組みが非常に便利で
友人と「日本にもこういう制度が出来れば良いのにねぇ~」なんて話で盛り上がりました。

IMGP8598.jpg
やってきたのはテムズ川沿いのココ。
世界的に有名なスパイ映画「007」の主人公ジェームズ・ボンドが所属するMI6の本部として登場した建物です。
実際にもSIS(秘密情報部)という政治的機関として建物は仕様されており、まさにMI6そのもの。
・・・ってか、現代で秘密情報を取り扱う機関の場所をこんなおおっぴろに公表してしまってのいいのだろうか(笑)

IMGP8625.jpg
さらに街中を歩きます。
やっぱり都市部だけあって赤い二階建てバスが多く目に付きます。これはその最新型。
運転手さんが私達に気付いたのか、写真を撮るポーズで応えてくれました。自由でいいなあ。
[ 2017/10/22 13:43 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

その、産業と歴史の島は......(4)

IMGP8471.jpg
初イギリスにはしゃいで疲れてホテルでぐっすり休んだ翌日2日目、ホテル前に2階建てバスのバルジーがいました。
イギリスといえば赤い2階建てバス!!そんな印象もありますが、現在ロンドンを走るバスの大半が新型車両でして
画像のような旧式バスは数えるほどしか走っていないとのお話を伺うことが出来ました。
そんな貴重なバスに朝からめぐり合えるなんて幸せです。

IMGP8486.jpg
さて、地下鉄を乗り継いでやってきたのはセント・パンクラス駅。英仏海峡トンネルを走行する高速列車の発着駅です。

IMGP8504.jpg
Class373 ほわいとろーずおねぇちゃんじゅうななさいをはじめとするユーロスターたちがそこにいました。
動画でしか見たことのなかった迷列車が目の前にいる感動でカメラが震えます(笑)
ちなみに駅舎自体は比較的新しいものなので、内装もご覧の通りガラスを多様した明るいデザインとなっています。

IMGP8511.jpg
別のホームには変態紳士やギリギリ君の姿も・・・
もっと間近で撮影したかったのですが、駅舎内は入れても乗降ホームに入るにはチケットが必要なようで無理でした。

IMGP8512.jpg
興奮を抑えられないまま、セント・パンクラス駅の真横に鎮座するこの駅『キングス・クロス』にも突撃。
本当は翌日3日目にキングス・クロスから列車に乗る予定だったのですが、まあ目の前にあるし、ね?(笑)

IMGP8514.jpg
・・・あれ、セント・パンクラスと同じように見えるような(と最初は思いました)。
けどレンガ造りの壁面などを崩さす、上手く近代的な造形を取り入れているあたりセンスを感じます(適当)。

IMGP8516.jpg
IC125やIC225をはじめとする各迷列車がずらりと並んでいる光景は圧巻!!圧倒的迫力!!!最高!!!!!

IMGP8521.jpg
在来線の車両もいたので記念記念~と撮影していると運転士さんと目があってしまい・・・

IMGP8522.jpg
『日本から!?すげーな!!じゃあ運転台みていくか!?』って声を掛けられたので、お言葉に甘えて・・・。
日本の車両とは違うシンプルさがすごく操縦しやすそうでした。運転士のオジサン、ありがとうございました!!

IMGP8536.jpg
ハリーポッターの「ねえハグリッド、これ可笑しいよ。9と3/4なんてないものぉ」のシーンで使用された場所も発見。
撮影時とはデザインが一切違いますが、ガイドによればココで間違いないようです。
じゃあ近くに9と3/4番線があるはずだ!!ってことで、付近をうろうろしていると―――――
[ 2017/10/15 15:44 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

その、産業と歴史の島は......(3)

IMGP8408.jpg
雨男で名を馳せている私ですが、流石に旅費20万弱を支払っただけあって晴れました。快晴です。
きっと神様が「まあ今回くらい晴れにしてやる。そのかわり・・・」と言っているのでしょう。

IMGP8423.jpg
ビックベンの近くにはウェストミンスター寺院があります。イギリスの歴代皇族の亡骸が眠る場所・・・でしたっけ?
名前だけは聞いたことがある気がするんですけどね、うろ覚えです。
ちなみにこちらも公開時間はすでに終了しており、中をゆっくり見学することは出来ませんでした。

IMGP8430.jpg
そのまま路地裏を散策(という名の迷子)。
ただ路地裏のありふれた風景でさえ新鮮に見えてしまうあたり、もうイギリス中毒者かもしれません。

IMGP8442.jpg
どうにかこうにか地下鉄の駅に到着。やっぱり車体が小さい。イギリス人ですら腰をおって乗車する人がいました。

IMGP8447.jpg
夕飯食べたいねって友人と話し合った結果、ロンドン一の繁華街で下車。街の名前は忘れました。
東京でいうなら新宿・歌舞伎町みたいな場所で、お勤め帰りや観光中の皆様で非常に賑わっています。

IMGP8451.jpg
もちろん、イギリスの代表的なご飯(?)といえば『フィッシュ&チップス』。日本訳で“タラの揚げ物とポテト”。
画像で見ると普通に感じますけど、実際普通サイズで頼んだのに二の腕サイズのタラが出てきて驚きました。
んでもって、味がしない。無香料無添加物どころの騒ぎではありません、本当に。
そんな味をしない二の腕サイズのタラなんて食べれるわけがありません、というか食べ続けられません。飽きます(爆)。
店員さんが塩とケチャップを持ってきてくれましたが、うーんこれはキツいぞ・・・。
いうて意地で完食しました。MOTTAINAIです。

IMGP8462.jpg
アジのしないタラの揚げ物でお腹を膨らませた頃、やはり体力的に限界がやってきました。
夜の歌舞伎町ver大英帝国をぶらついて雰囲気を楽しみながら、22時頃には宿泊先のホテルへと帰還しました。


おまけロンドンの人々

IMGP8410.jpg
すっげートーマスの世界でみたことがあるタイプの警察官。
幸いにも私に対し『牛避け板がどうこう』と言いがかりをつけてくることはありませんでした。

IMGP8388.jpg
営業中のタクシーに道を尋ねる人々。遠慮ないあたりがイギリスだなあって感じです。
そしてそれに答えるタクシードライバーも適当な返事。うーん。

IMGP8443.jpg
駅員さんは私服に安全帯ジャケットという、非常にシンプルな恰好でおつとめしていました。
あくまで運輸業という姿勢なんでしょうか、駅員も運転士もおなじ恰好です。
ちなみに小さな駅は基本無人対応で、ラッシュ時間帯だけホーム監視要員がいるといった具合でした。
[ 2017/09/14 02:32 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

その、産業と歴史の島は......(2)


IMGP8349.jpg
地下鉄に乗車するといったな、あれはだ。
いいえ、嘘ではありません。ホテルの最寄り駅は地下鉄と在来線の乗換え駅ですが、ご覧の路線は地下鉄線のものです。
明らかに地下じゃないんですけど、立派な地下鉄です。

というのも、この路線はロンドン地下鉄の歴史でも古くに建設された路線で
一部区間こそ開削工事によって地下に線路を敷かれたものの、全区間を地下にするというのは無理があったようで
結果としてその大半を地上に建設した・・・というような経緯があるそうです。
勿論建築限界の最小化を考えて、集電方式は第三軌条方式が採用されています。

IMGP8354.jpg
建築限界がどれだけ小さいかっていうと、このくらい(雑)。
イギリス人だから小さく感じるでしょうが、車端部では日本人の私(175cm)でも窮屈さを感じました。
それでも小さいと感じさせないのは、車内の照明や色使いだからでしょうか?

IMGP8356.jpg
ちなみに乗車した電車の足元には、かのMETRO-CAMMELL社の刻印が。

IMGP8365.jpg
慣れない地での交通機関利用時こそ混乱するものはありませんが、加えて言葉が違うのでさらに混乱。
それでも友人の下調べのおかげで無事にロンドン市内の適当な駅(適当)に到着しました。今度こそ地下駅です。

IMGP8382.jpg
地上に出ると午後の陽射しが眩しく、また正面にはテムズ運河が広がっていました。
その景色は大変すばらしいものなんですけど、この段階ではまだイギリスに来たという実感が薄かったのも事実。
とりあえず地図を確認しながら西のほうへ、川沿いを歩いていきます。

IMGP8384.jpg
普通の、ごく普通の素人さんなんですけど、いや~絵になりますなあ(すっとぼけ)。
いかにも午後って感じです。そしてさらに進んでいくと・・・

IMGP8387.jpg
ロンドン・アイとビックベンの、ロンドン新旧シンボルが眼前に!!!!!!!
この瞬間、はじめて「あぁ、ついにイギリスにやってきたんだなあ・・・」と謎の感動に包まれました。
すると、いままでやんわりしか感じなかった街の風景のすべてから魅力を感じ、ところ構わずシャッターをきりはじめました(笑)

IMGP8393.jpg
12時間フライトや時差ぼけの疲れもどこへやら、気づけばビックベンの足元までやってきました。
これが欧州の島国の日常。なんというか、ええ、言葉にできない(小田和正)。

IMGP8400.jpg
そしてロンドンといえば赤い2階建てバス!!!
想像していたものよりは近未来な感じがしますが、とりあえずビックベンとあわせて一枚。
ただ10月とはいえ少し湿気が多かったのか、カメラ性能の限界か、もしくは私の撮影技量のNASAかは知りませんが
全体的にガスってしまったような感じなのが残念。またいつかリベンジしたいです。

IMGP8403.jpg
ご存知の通り、ビックベンの足元にはウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)があります。
ツアーなんかでいけば見学もできるそうですが、今回は単身(二人)旅行かつ午後遅い時間ということもあって断念。
もしイギリスにいく方がいれば、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

[ 2017/09/14 01:58 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

その、産業と歴史の島は......(1)

2016年は1月(山陽・東海道横断旅行)、4月(中日本一周旅行)、8月(東北回廊旅行)と旅行にいってきましたが
この先、秋~冬は仕事が忙しくなることが明白で長期休みが取れるかどうか不安でしたので
10月に頂いた長期休暇をつかって、2016年の旅行総まとめと題し、どうしても訪れてみたかった地への旅行を決行しました。

IMGP8293.jpg
旅のはじまりは、お馴染み新宿駅から。ただし、今回は陽が上りきらない時間帯の出発です。

IMGP8302.jpg
大荷物を抱えて朝ラッシュを迎える都心を一気に突っ切って、やってきたのは羽田空港。
過去の旅行では18切符シーズンを上手く使った鈍行旅でしたが、今回はオフシーズンかつ飛行機でしかいけない場所。
そして日本語が通じない土地への旅行なので、職場の友人と2人で出かけます。

そうです、今回の行き先は初めての海外旅行。そして憧れ続けた紳士の国『大英帝国』 。
またの名前を「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」
鉄道発祥国にして、同時に鉄道だけではなく様々な分野で数々の魅力を感じるこの国に、5泊7日間滞在します。

・・・画像は、初っ端から遅延している本日の搭乗予定便(笑)

IMGP8321.jpg
飛行機は友人のご好意で窓際になり、同時に左翼後方の座席ということで写真映えも良く
エンジンの音が少し耳障りで、同時にエコノミー機内12時間耐久さえなければ非常に大満足でした。

IMGP8325.jpg
12時間も機内にいるので音楽やら映画やら睡眠やらで時間を潰しますが、いやーキツいっす。
機内食は2回ありました。中学時代の給食センターから運ばれてくるアルミパックの味がする白米みたいな味でした。

IMGP8336.jpg
途中トラブルがあったものの、無事にロンドン・ヒースロー空港に到着。
羽田空港以上の土地面積があると噂のヒースロー空港、各ターミナルや建物を地下鉄が結んでいます。
その地下鉄が先進的で、いや~さすが鉄道発祥国って感じです(適当)

IMGP8341.jpg
保守的で、特に近年はEU脱退と難民受け入れ問題が重なって入国審査が厳しいと噂のイギリスでしたが
カタコトの英語で「フローム ジャパン、サイトシーイング、アバウト ファイブデイズ!!」と応えるとすんなり通してくれました。
ただ、後に調べてみると『旅行代理店を通じた申し込み』であり、『入国カードへの記入』をしっかり記入しておけば問題ないとか。
だからといって、日本人でも過去何人か入国拒否に会っている人もいるそうなので、入国カードはしっかり記入しておきましょう。

で、無事荷物も手元に戻ったところで入り口付近に私の名前が書かれたプラカードを掲げる男性が一名。
話しかけるとホテルまで連れて行ってくれるハイヤーさんだそうです。ひえ~なんか金持ち~。
もちろん、ホテル到着時は感謝の言葉と同時にチップ(10ポンド)を渡します。そういう文化の国ですから、郷に入っては郷に従えです。

IMGP8342.jpg
オフシーズンであることをあわせても比較的安価な旅行プランだったのですが、どうやら予約に不備があった模様。
そして日本語も通じず、カタコトの英語でフロントのお姉さんとやりとりすること15分、どうにかチェックインできました。

友人と相部屋でしたが、特に気になるようなこともなく終日快適に過ごせました。
ただし部屋には基本毎日清掃が入るので、現地観光中にホテルにおいておく荷物(キャリーケース等)には必ず鍵をつけましょう。
紳士の国とはいえ、そういうのはしっかり線引きしないといけません。
同時に、毎朝部屋を出るときは枕元の机にチップ(1日約5ポンド)をおいておきます。これも清掃員さんへの感謝の気持ちです。

IMGP8347.jpg
無事ホテルにチェックインした段階で、現地時間はまだ昼ですので地下鉄に乗ってロンドン市内の観光をすることに。
最寄り駅はこちら。ん~やっぱりレンガ造りは最高ですな~。


っといったところで、次回に続きます。
[ 2017/08/28 01:00 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)