伝説の老兵、103


不定期ながらなんだかんだ更新が続いておりますが
そろそろ溜めていたネタも枯渇しそうで、特に年明けからは更新速度が著しく落ちそうで・・・

さて、前々回にご紹介したラインゴルト客車の完成写真がこちら。

IMGP2061.jpg
塗装における全工程を初のスプレー塗装ということで流石綺麗な仕上がりです。
ただ車両ごとに帯の色が明るかったり暗かったりという塗装のムラなるものがありまして
これいかに、どうすればいいかというものが今後の課題になりそうです。
いやしかしスプレー塗装本当コストかかるけど仕上がり綺麗だしいいですねコレ

奥に見えるのは随分前に完成していたルフトハンザ色の客車です。



ところでタイトルにもある「103」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますでしょうか?
・・・まあ当然ながら、元国有鉄道、現西日本旅客鉄道所属の103系ですよね(涙)

東日本や東海ではJR世代の新しい電車が続々と開発、投入されていくなか
体質改善工事とかちょっとそこらへん理解してませんが、延命され、なお主力を担う西の103は
鉄道ファンであれば1度はその形式の話を耳にすることでしょう。
プラレール界隈では学プラ会長の青ガマさんが103系好きでとても有名ですよね

さて、そんな"西の103"はもう一つ存在しています・・・いや、存在していました。
今回はそんな"もう一つの103"の製作をご報告。

IMGP2065.jpg
客車が落成してからしばらくはその余韻に浸っていたんですがJOIN-Tの設立。
またプラレールひろばinきたもとの開催が決定したことで完成させないわけにはいかず。
しばらくこの状態で放置していましたが、いっきに完成を目指すことに。

IMGP2067.jpg
こちらも客車と同じスプレーで塗装。

IMGP2068.jpg
十分に乾くのを待ってからマスキングを一度はずし、再度帯を塗装。
それから放置する原因でもあった側面のラジエータを0.5mmプラ板から製作。
1年前とは変わってPカッターの使い方もだいぶ慣れてきたので、筋を入れてそれっぽく。


IMGP2070.jpg
\ばああああん!!!/
いや、ばああああんとか言われてもわかんねえよって人の為に解説を・・・

西ドイツ国鉄103型電気機関車の完成です。
1965年に試作先行車両が登場し、1970年頃から量産型がデビュー。
当時の西ドイツ国鉄の看板列車であった「ラインゴルト」などのTEE牽引機としても運用されたほか
1971年からは全車1等車のインターシティ (IC) が運転を開始し、その牽引にも運用されるようになります。
この時代の西ドイツでは200km/h運転が可能な機関車は103型しかなく、またICEも開業していなかった当時
103型は名実共に西ドイツ国鉄を代表するフラッグシップ車両となり日本にも数多く紹介されて人気を集めました。(以上Wikiより抜粋)

IMGP2071.jpg
約10年後には早くも後継機が登場しますが、まあこの後継機が使えない使えない(爆)
ということで、後継機が登場するまで103型は引退することができず、改良と延命を繰り返されました。

初登場から約30年、ようやく新型後継機が営業運転を開始し、時を同じくして103型の廃車が始まります。
後継機の登場やICEの登場・路線拡大により103型は次第に活躍の場を失っていく・・・はずでした。

1998年に発生したエシェデ事故によりICEが全面的な運休に追い込まれ、代替列車用に多数の牽引機が必要になったこと。
また2000年に行われた万国博覧会向けの臨時列車にも相当数の牽引機が必要になったこと。
さらには登場していた新型後継機の変圧器に欠陥が見つかり順次営業から離脱していったことなど
当機の退役が本格的に進んだのは2000年後半以降であり、最終的に定期営業運転を終了したのは2003年でした。 (以上Wikiより抜粋)

IMGP2094.jpg
西日本の103が会社に翻弄され延命を続ける中、西ドイツの103は後継機に翻弄され延命され続けました。
が、その美しいスタイルや卓越した性能、そして華々しい活躍から「名機」「傑作」の誉れが高く
現役当時はもとより営業運転を終了した現在でも世界中で根強い人気があり
また一部のファンや関係者からは"伝説の老兵"と現在に語り継がれている機関車なのです。 (一部Wikiより抜粋)


と、まあそんな感じです(笑)
乗務員扉がないだとか、緩衝機がないとか、ラジエータは銀色じゃないか、とか
塗装失敗してるじゃないか!ってのは、プラレールらしさと経年劣化の修繕後ってことで(

これまたえちごやさん、平塚君はじめ多くの皆様の完成を待つ声があったからこそ
こうして1年以上たって形にすることができました、本当にありがとうございます。


次回予告
結局大事な部分はWikiさん抜粋という語彙力のNASAから非情な手段を選んだ卑怯者福遠ではありますが、実は伝説の老兵103のお話はコレだけではございません、なんの為に1枚目の画像を用意したのかって言えばもう分かるんじゃないですかね?もちろん分かりますよね?実は記事をまとめて書こうと思ったんですけど以外に解説が長くなってしまったし今後更新ネタもなくなってくるからネタ保存も兼ねて次回にまわしちゃおーなんて魂胆なんですすみません、次回も伝説の老兵103のお話です、さぁて次回もサービスサービスゥ!!!
[ 2014/11/25 22:38 ] 改造 | TB(-) | CM(0)

新始動

さて、いよいよ本格的に冬を迎えようとしております11月半ばの埼玉県です。
私は夏生まれですが冬の寒さのが好きですが、
流石に朝晩は冷えるので奥から上着を羽織ってお出かけしております。

そんな現在より2ヶ月ほど前、大宮である集まりがありました。

IMGP1906.jpg
8月のオフに続いてちゅうおう運転会ではこっそり来てひっそり帰るでおなじみの砂川君。
そんなちゅうおう運転会で4年以上のお付き合いのある和君。
同じくちゅうおう運転会、そして関東オフや無慈悲狩りツアーでご一緒が多い平塚君。
そして毎度、私。

パスタを食べながら4人はある話をしていました。
それは関東組がちゅうおう運転会開催当時からずっと考えていた「関東運転会」。

やはり18切符シーズンとはいえ、静岡への遠征はそう簡単にできるものではなく
スケジュール管理、宿泊先の確保などもしなければいけません。
また北海道組が札幌で運転会をはじめたこと、関西でも学プラ記念運転会など
ちゅうおう運転会の影響は北も西も大きく受けて活動している中、
関東では学プラ界隈を中心とした運転会を開催していない、という悔しさに似たものがありました。
「いつかやりたいね」と平塚君とはことある度に言っていたものの、折り合いがつかず…。

そんな中、新世代として頭角現していた砂川君が「やりましょう、やりたいです」と決断。
するとやはり学生というか若さというか、平塚君も和君も率先して行動に。
ちゅうおう運転会前後も相談をうけていた私もこの思いに引っ張られるように参加を決意しました。

IMGP1907.jpg
時々雑談で盛り上がりつつ、話し合いをし、気づけば夜。
会場の確保とその資金運用、資材調達、参加者の有無、一般公開論、そして主催元など
決めなければいけないことは多々ありました。



そして11月11日の夜、正式にその企画を発表しました。

関東運転会を運営していく集団ということ、新しい一歩を踏み出すということで
主催は学プラではなく、新団体を設立することに。
『Join us=一緒にやろうよ!』『Train=電車・列車』という2つの単語と共に
『JOINT=繋がろう』という意味をかけてJOIN-Tという名前になりました。

また新メンバーをドンドン増やしていく、という従来の学プラスタイルとは変わり
国連っぽく"常任理事"となるメンバー合計6人の固定での運営にすることで統一化を目指します。

ただ本当に6人だけがスタッフとして活動、というわけではありません。
"非常任理事"というこれも国連っぽい形で
その都度、運転会に参加してもらったプラレーラーをスタッフとしてお仕事していただく、という
こちらはけいぷらさん方式の「その日集まったメンバーがけいぷら」という形を参考にしました。

また会費という名目で常任理事6人から一定額を徴収し、これを会場費等に使用。
遠方からいらっしゃるであろう非常任理事のスタッフに負担をあまりかけないようにするなど
このあたりの仕組みは北プラさんを参考にさせていただきました。


その他、色々とありますが、要は各方面の反省点を研究し、長所を引っ張り出した
なんというか、織田が付き、羽柴が捏ねし天下餅、座りしままに食うは徳川というか・・・(笑)

とにかく、JOIN-Tの正式発足とプラレールひろばinきたもとの開催が決まりまして
関東の様々なプラレーラーの架け橋となり、文化交流の場になり、
お互いにお互いがいい刺激を受け合えればなあ、と思う福遠さんでした。

なおJOIN-Tの運営形態について参考にしたというのはあくまでも雰囲気などであり
実際に他の皆さんがそういう方針なのかどうかというのは存じ上げておりません盛りましたすみません。



次回予告
実はこの記事を書いている最中にインターネッツ回線にエラーがでて記事が消えてふええええってなったんですけど流石FC2ブログさん自動下書き保存という便利でありがたい機能のおかげで昔のように泣くことなくなんとか記事にすることができました本当に感謝です感謝ついでにお母さんお父さんいつもありがとうござますって感謝の気持ちを最近の若者は持ってるんですかね持ってないと思うんです持ちましょう是非持ってください私は持ってないんですけど次回は久々に改造しちゃった記事をかいちゃうぞこの予告ちょっと楽しい!!!
[ 2014/11/18 23:16 ] 運転会 | TB(-) | CM(0)

まぁなんといいますか.....


8月中頃に開催されたJAMコンベンション設営、実はそれからも地味にいろんなことやってました。

IMGP1447.jpg
低血圧で朝が弱い私が頑張って朝早くから大宮に現れて北斗星を記録したり

IMGP1924.jpg
ちょっと頑張ってまた大宮までお出かけした帰りにとりあえず記念に牛乳パックを記録したり

IMGP11902.jpg
どういう理由かは分かりませんが置き換えが先延ばしになった埼京205を追っかけたり

IMGP2009.jpg
独り暮らし推進のため、物件を探し求めたついでに田園都市を記録したり

IMGP1477[1]
ちゅうおう運転会にコッソリ現れてコッソリ帰ることでお馴染みの砂川君や
RAIL WARS!が世界の中心となっているらいぷら君、クラ君、そしてお馴染みきたよのさんと
ちょっとお時間よろしいですか?ということで大宮鉄道博物館オフを行いました。


\全部実写鉄道ネタじゃねえか/
                           \プラレーラーらしく改造しろよ/

アッハイ・・・(´・ω・`)


IMGP2029.jpg
プラレールネタといえば、これまた改造じゃなくて申し訳ないんですけれど
新潟に住む年下の従弟の家にあった要らないプラレールを譲っていただきました。
やはり子供には新幹線が人気だというのがよくわかる車両ラインナップですが
東海道100系新幹線と絶版のキハ40は大きな収穫かと。

レール系列も少し頂きましたが、やはり特筆すべきはコレ。

IMGP2031.jpg
・・・デジャヴ?(違)

IMGP2033.jpg
以前も在学中の友人から西日本アナウンスステーションを頂いて、2回ほど運転会で使用。
ただ当時箱がなく、衣装ケースにぶっこんでいた関係で無駄に邪魔で邪魔でしょうがなくて
運転会終了後に西電さんに丸裸状態で差し上げたことがありました。

その時は一部パーツの欠品があったものの、今回は見る限り欠品はありませんでした。
箱に入っている分、扱いは以前より楽なのは確実なんですけど
レイアウトにおいたときの使い道がちょっと癖というか、いや普通においてしまえば(ウンヌンカンヌン


と、とりあえず報告が面倒になったので一気にまとめてご報告。
撮り鉄カテゴリがありますけどいつか気が向いたら更新します、はい。
基本的に旅行ジャンルで報告、そのまま撮影した写真を投下してしまってるので許して・・・




次回予告
たかが有名人でもないただニート(笑)な私のブログで次回予告とかなに考えてるんだとかおもったそこのあなた安心してください私は怒涛の勢いでなんかこうドバーってなんか連続して文章をかいて普段ブログを書くときに意識してる句読点とか文章の区切りとか一切気にしないでTwitter間隔でドバーって言いたいだけでちょっと思いついただけなんで多分そのうち自然消滅するから!!!消滅するとおもうからああ!!!ってことで次回もプラレールの作業はせずにあるご報告をしますよ!!!
[ 2014/11/12 18:11 ] その他 | TB(-) | CM(0)