蒼き鋼の

気づけば8月も終盤でちゅうおう運転会参加者がレポを続々あげている最中ではありますが
喪失感がやばくて、おまけに初残暑と悪天候と寝不足で事実上カーニバルだよ!!
あとブログ書き直しです、普通に察してください。


忘れなければ是非更新したいところであります第10回プラレールひろばinちゅうおうのテーマはブルトレ祭りでした。
北斗星引退の秒読みが話題のこの夏に、プラレールで東海道線および有名どころの寝台列車を揃えよう!ということで
3月の第9回運転会以降、参加者各々が指定されたブルトレを製作しました。

IMGP4548.jpg
14系客車 大窓タイプx6 小窓タイプx2

ワム80000に続いて2種目の日本車両は、これまた運転会に合わせたブルトレ客車となりました。
....ただブルトレ祭りと題しているだけであって、他の参加者の皆さんは何種類もの客車を製作し
1列車をフル編成で完成させている中、福遠さんはオハネ14のみ。カニもなければオハネフもありません。

IMGP4011.jpg
ブルトレ祭りの製作を引き受けたのは主催の雅さんをはじめ、関西勢ややる気のある関東勢・北海道勢といったところ.....
だったんですが、運転会が近づくにつれて進捗ダメです。の声が続々と。
主に関東や北海道の製作を引き受けた人たちが厳しいスケジュールとなれないフルスクラッチ工法に時間を取られたようで
ちらほらと「救済」と題して製作担当外の参加者が編成に組み込まれる客車の1両2両ほどをお手伝いするという事態が発生。

私は例の如く「海外車両で新作持ち込んで会場の隅でブヒブヒ言ってますかー」という協調性のNASAを全開放してましたが
流石に他の救済組みの手も足りないらしく、重い腰をあげて無慈悲したけど使い道がないプラレ博限定はやぶさを開封.....

IMGP4066.jpg
雅さん平塚君にご指導いただきつつ、オハネフからオハネ14を2両製作することになったのが7月下旬。
制作方法はいたって簡単。
オハネフの扉と車掌窓の部分を左右入替え、セットのカニから妻面を切取りオハネフ顔と入れ替え。
またそれに合わせて屋根もカニの屋根の一部を切取って瞬接+粉末で隙間を埋めました。(1両だけ諸事情でプラ板を加工しました。)

IMGP4088.jpg
8月の昭島プラレールスクエア!!!の頃には2両とも加工が終わっていたので、あとは自身の海外型を仕上げよう!!
....と、やることはやったぞ!!!感に浸っていた矢先に主催の雅さんからメッセージが飛んできました。

「おい福遠、みずほやるぞ。」

IMGP4214.jpg
昭島プラレールスクエア!!!も終わってちゅうおう運転会まで1週間ちょっとしかない状況で突然の製作宣言。
それも製作予定予定になかった"みずほ"を基本+付属編成で作るという無茶振りに福遠さん既に困窮。
「基本編成は俺が作る。付属編成の救援を求む」と言われ、ここから少し紆余曲折して
最終的に”みずほにおけるオハネ8両すべてを製作”という形で話がまとまり(?)オハネ量産計画が持ち上がりました。

他の人同様にフルスクラッチで客車を作る技量も時間もないので
仕方なくクローゼットの肥やしになっていたプラレ博限定のはやぶさ5本、トワイライト3本を持ち出して
1両の製作単価2000円という超高級オハネを1日2両ペースで製作。

IMGP4235.jpg
それでも切継ぎ断面に納得がいかなかったり、体調不良の関係で製作日程は遅延の嵐。
皆さんより一足先に静岡入りし挨拶回りやお墓参りを済ませつつ、実家でも作業は続きました。

IMGP4371.jpg
さらに運転会設営の夜、そして運転会1日目の夜は雅さん宅で最終調整と塗装。
雅さんにアドバイスを頂きつつ、こだまさんに表面処理の仕方をご指導いただき、1000番台さんのエアブラシ技術に唸りつつ(笑)

IMGP4540.jpg
そんなこんなで(確か)運転会2日目には完成しお披露目となりました。
運転会中は6両がみずほとして編成を組まれ、2両は諸事情で急遽不参加になってしまった平塚君の穴を埋める形で
ぺこり君の客車と混結し、富士として編成が組まれました。(多分)
そして運転会期間中徹夜続きだった雅さんこだまさんと揃って会場内爆睡芸をかましました()


先日北本で無茶難題を押し付けた結果といいますか、因果応報とでもいうべきでしょうか....
時間と体力の限界を尽くした今回の改造でしたが、また色んな技術を学ぶ事ができました。
ご指導頂いた雅さんこだまさん1000番台さん平塚君、本当にありがとうございました。
そして、ちゅうおう運転会の記事をかけず8月を終えることになりました.、とさ........(笑)
[ 2015/08/30 03:34 ] 改造 | TB(-) | CM(0)

昭島プラレールスクエア!!!(後)

ここまで4日前後での更新を維持していた中での10日以上の更新停止.....
まぁご存知の方はご存知の通り、静岡県島田市で行われた第10回プラレールひろばinちゅうおうに参加しておりまして
それに間に合わせなければいけない主催者からの無茶振りと格闘しつつ、しばらく実家に帰っておりました。

もちろん(内容を忘れなければ)記事にするつもりです、あしからず。

と、いうわけで昭島プラレールスクエア!!!の続きです。

IMGP4119.jpg
流石主任!!!そこに痺れる憧れるぅ!!!!と言わざる得ない配線美。
単品発売された3分岐の使いどころがいまいち見出せない界隈の中でいち早くその有能性を見出して
春のプラレールスクエア!!に続き、今回はデルタ線なるものが組まれておりました。

IMGP4153.jpg
そんな主任らしい細かなこだわり改造。
いつぞやかのエココンテナをシールで製作されておりました。いい味出してます。

IMGP4155.jpg
国鉄臭がムンムンします。

IMGP4128.jpg
警視庁のちょっとアレな刑事と第3新東京市へ向かうお姉さん(c.v.三石琴乃)がすれ違います。

IMGP4186.jpg
爆破予告を受けた新幹線と、昭島工臨。

IMGP4174.jpg
どうでしょう撮影に被る貨物列車(笑)
ついでに同じ構図で5回チャレンジして4回被られました()

IMGP4209.jpg
入れ替えって感じです。

IMGP4137.jpg
てなわけで、主任の気配りで私のワム80000も本線を走らせて頂きました。

日曜日の参加だけでしたが、過去に埋もれず今回も楽しい運転会だったと思います。
参加された皆さん、そしてDNDK主任、大変お疲れ様でした。



まーた勝手に動画つくっちゃいました。

[ 2015/08/17 22:33 ] 運転会 | TB(-) | CM(0)

昭島プラレールスクエア!!!(前)

月曜日から仕事中に立ち眩みがあったり、平均37度以上が基本の体温が連日35度台しかなく
今朝は身体の重さから会社を休み病院で診断してもらったところ血管の一部が硬化していたらしく....
元々上の数字が90に届かないレベルの低血圧だったのが幸いして大事には至りませんでしたが
近年では若い人にも同じ症状が見られるらしく、少しゾっとしました。

それと話は180度変わりますが、7月の記事って10件も書いてたんですね(笑)
プラレール以外の記事ばかり書いてたのが原因だってわかってるんですけど、率直に驚いてます。
ただご安心下さい、どうせこの夏が終われば月3~4しか更新できなくなりますから(爆)


IMGP4101.jpg
てなわけで、ワム80000 580000のご報告時に予告させていただいた通り
カリスマ的人気と独特のセンスが眩しいDNDK主任主催「昭島プラレールスクエア!!!」に参加してまいりました。
交通費捻出が難しかったのと、土曜日に別件の用事があったので日曜日のみの参加でした。
そして八高線の接続時間をみやまって1030開場に間に合わなかった模様....

IMGP4150.jpg
今回は全景撮ってました(笑)

IMGP4116.jpg
今回は貨物がメインテーマということで、古今東西様々な貨物車輌が目立っておりました。
そしてDNDK主任の機能的かつリアルな配線に脱帽し勉強させていただきます。

IMGP4112.jpg
こちらは設営班の一人、平塚君による3複線ゾーン。
子供の目線で貨物列車と新幹線が忙しく通り過ぎる姿は大きな大きなお友達向けの迫力かもしれません(笑)

IMGP4102.jpg
平面を主体とするレイアウトではありますが、こんな一面も。

IMGP4127.jpg
さらには1000番台さんの相模川セクモジもありました。そして水曜どうでしょうの撮影も行われてました。

IMGP4133.jpg
おもしろギミックゾーンは今回ミニタワーとして中央線総武線が占拠していました。
どの運転会に参加しても親御さんから「モノレールあったんですね」と尋ねられることが多いのですが
近年は湘南モノレールで再販もありましたし、知名度としてはあっても可笑しくないはずなんですが........。

IMGP4151.jpg
日差しが降り注ぐ特等席に儲けられたジオラマゾーンでは
「最近のプラレールってすごいんですね」というお声もいただきました。

IMGP4134.jpg
実は別室で主任のご友人お知り合いらによってNゲージ運転会も開催されてまして、ちょこっとだけ見学させていただきました。
こうみるとやっぱりNゲージいいなぁ.....と感じますね。

IMGP4114.jpg
昭島名物の入場記念切符も日曜日に用意した分は配布終了になるほどの人気ぶり。
ただ主任曰く「今回は用意した数が少なかった」とのことです。あ、私貰うの忘れてました。

レイアウト関係はこんな具合です。(としかいいようがない)
後編は細かい見所やお気に入りの写真など公開する予定ですっていっても毎回そういう流れなんですけどね。
[ 2015/08/06 00:17 ] 運転会 | TB(-) | CM(0)

大所帯の異端色


いよいよ8月に突入してしまいました。今月で20歳を迎える福遠さんです。
なお容姿と体力は30際半ばを超えたと自負しています。

今年は春先の運転会ラッシュ前から改造作業が珍しく続いていて、我ながら驚いています。
が、1両1両の進捗がイタリアに負けず劣らずゆっくりで、イギリスのようにクセのある車両ばかりで
さらにいえば同時進行ばっかりなので、まだコチラでご報告できるようなものは.....

と、油断していたら8月1日と2日にはDNDK主任による「昭島プラレールスクエア!!!」に福遠さんもお呼ばれされました。
今回のメインテーマが「貨物」らしく、設営段階からTwitterではすばらしいレイアウトと共に多数の貨物列車の姿が.....
今でこそ福遠さんは海外車両というイメージが固定されていますが、昔は貨物をバカ買いしていました。
これはちょっと昭島向けに簡単でもなんでも新作つくれないかな~と思ったところにえちごや様から頂いた大量のワムを思い出して、20時間でささーっと作ってみました。

IMGP4094.jpg
ワム80000 580000番台 近距離鮮魚輸送仕様

福遠さんはじめての日本車両がワム800000の中でも異端の白色で塗装されたこの鮮魚列車。
昭島の濃い国鉄貨物軍に混ぜても違和感のない国鉄貨車がいいな、というところが主とした理由ですが
それ以上に、元々「鮮魚列車」というものにはどこか愛着がありまして(フライングキッパーとか)
またワムの種類の中でも「焼津に常備配置」されていたということで静岡に縁のある車両であることが決め手となりました。

改造内容はサフ吹いた後にタミヤカラーのマッドホワイトを塗り、その上から普通のホワイトを塗りました。
白色の塗料は薄く何度か塗り重ねないと白にならなく、103系製作時のクリーム色でも苦労しました。
サフを白サフにすればいいというアドバイスを頂いたので、増備するなり次回作への参考にもしようかな、と。


IMGP4093.jpg
(66牽引で積載を行う鮮魚列車を再現)

実車についてはWikiなどで各々調べていただくとして(笑)
ただただ塗り替えだけなので1日で作業は終了。
今回は試作という意味合いで5両を製作しましたが、余裕が有ればもう5両ほど増備したいところ。
またコレだけでは寂しいので、手すりや車籍板なんかも余裕がある時に設置したいなぁ、と。

本来「レサ10000系」を製作して「ぎんりん・とびうお」を再現したかったのですが
製品のワム(小)では小さく、ワム(大)では大きすぎる、また扉2箇所への改造など面倒このうえなく(爆)
某大先輩プラレーラーの作例でもあるフルスクラッチも試作1両を箱組みしたのですが
どうも私にはフルスクラッチは向いていないようで結果は......。

ともかく、昭島向けに新作が出来たことは心嬉しいところがありまして改造記事も更新できたなぁ、と。
2週間後のプラレールひろばinちゅうおうにも新作をぶつけるため、来週はかなりの詰め作業になりそうです。

もしお時間ある方いらっしゃいましたら、昭島プラレールスクエア!!!に是非お越しください。
[ 2015/08/02 00:01 ] 改造 | TB(-) | CM(0)

02-ふざけないで!

この記事はブロとものみ閲覧できます
[ 2015/08/01 15:57 ] OS | TB(-) | CM(-)