その、産業と歴史の島は......(8)

IMGP8851.jpg
国立鉄道博物館の展示車両は(詳細こそ不明ですが)高頻度で入替えを行っているようですが
今回私達が訪れた時、ターンテーブルにはSR Bulleid Q1が鎮座していました。トーマスシリーズのネビルのモデルです。
いかにもTHE・戦時型って感じの外観が特徴です。

IMGP8913.jpg
そして本命のLNER Class-A4(No.4468)“Mallard”
蒸気機関車における最高速度記録保持者といえば、もはや説明は不要でしょう。
静態保存とはいえ、夢にまでみたガーターブルーの流線型は大きく、そしてなによりもカッコイイ。

IMGP8902.jpg
そして隣に並ぶのはLMS Princess Coronation Class 6229 Duchess of Hamilton.
1930年代に大手私鉄LNERとLMSの間で起こった北への競争の、両者の主人公が並んでいるというのは
時代を経て現代だからこそ見れる奇跡だと、同行した友人が熱く熱弁していました。

IMGP8906.jpg
メインホールの全景(みたいなもの)。
大宮の鉄道博物館と違って明るく、広く、開放感があります。流石歴史と産業の国、直営の博物館です。

IMGP8944.jpg
その後にみつけたのはBR Standard Class 9F(No.92220)“Evening Star”。
イギリス国鉄が製造した最後の蒸気機関車形式にして、最後に落成した機関車です。

…いやー、こうなるって分かってたらプラレールもってきて本人と対面させてあげればよかった…笑


IMGP8976.jpg
別館は当時の駅の様子が再現され、そこにも多くの歴史ある車両が並んでいました。
一つ一つ紹介しているとキリがないので割愛…

IMGP9011.jpg
おっと、こいつを忘れちゃいけない。笑

IMGP9045.jpg
機関車の整備を行う場所も一般公開されています。
ちなみに、このとき入場しバラバラになっていたのはLNER Class A4(No.60007) “Sir Nigel Gresley”でした。

IMGP9077.jpg
そんな感じで英国鉄道博物館を満喫していると、気付けば閉館時間。
スタッフの方にお礼を言いながらホテルまでの帰路につきました。
[ 2018/01/14 00:19 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

その、産業と歴史の島は......(7)


IMGP8751.jpg
ロンドン市内の観光を概ね終える頃、陽はだいぶ傾いていましたが
友人のお願いで郊外の小さな地下鉄駅へとやってきま―――はい、画像の駅は地下鉄の駅です。

IMGP8775.jpg
何本か列車を見送って、もう日没というタイミングでやってきたのはこいつ。
あまり詳しく知りませんが、地下鉄の車両軍のなかでも旧型で引退間近の形式だそうです。
…本当にこの形式なのかすら知りませんけど(

この日はこれでホテルへ戻り、翌日に控えたこの旅行の本肝に備えます。まだ時差ぼけは治りません。

IMGP8784.jpg
翌朝、キングス・クロス駅にやってきました。時刻は現地時間で6時頃。
相変わらず発車直前まで何番線発着なのかわかりませんが、おそらくこの列車で間違いないでしょう。

IMGP8799.jpg
IC225に乗り込み、発車。
車内でブリテッシュ・ブレックファーストを堪能しつつ、迷列車(海外編)でイギリス成分を用意していきます。

IMGP8810.jpg
そうです、今回のイギリス旅行の本命中の本命、Yorkにある国立鉄道博物館です!!

IMGP8822.jpg
駅から歩いて5分ほどで建物がみえてきました。
道路を挟んで本館と新館といった具合で構成されいますが、まずはメインの本館へ…

IMGP8841.jpg
びゃあ~~~すっごおおおおおおおおおおおおおおおおい!!!!!!!(語彙力のゲシュタルト崩壊)
ネットでしか見たことのない機関車たちが、いま、目の前にいます。

IMGP8876.jpg
日本国外で唯一保存・展示されている新幹線0系電車の前では
現地スタッフが来館者に対し、新幹線の歴史やそのすばらしさを熱心に語っていました。

『新幹線はTGVなどと違って、一度も事故による死者をだしていません。
 ですが、日本人は働きすぎて死ぬことがあります。』(要約)

全員爆笑。流石ブラックジョークの国です。

IMGP8879.jpg
新幹線とユーロスターが並んで見れるのは此処だけ。

IMGP8875.jpg
あっ・・・(察し
[ 2017/12/28 00:05 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

その、産業と歴史の島は......(6)


IMGP8631.jpg
そのままVICTORIA駅へ行きましたが、残念ながら改修工事中の様子で全景を眺めることは出来ませんでした。
これはリベンジですねぇ。

IMGP8645.jpg
さらにバッキンガム宮殿もちらり。イギリス王室がある場所です。
ツアーとかなら宮殿内に入れるようですが、当日訪問はエリザベス女王も迷惑でしょう。やめておきます。

IMGP8681.jpg
さて、ここで更に地下鉄で移動。

IMGP8689.jpg
テムズ川のほうへ移動すると、ロンドン塔がその姿をみせてくれます。

IMGP8720.jpg
そしてロンドンといえば!!時計台に並んで世界的に有名なタワー・ブリッジ!!!
天気も快晴、本当にすばらしいイギリス観光日和です。

IMGP8705.jpg
友人とカメラを構えていると『写真とってもらえますか?』とお願いされました。
IMGP8714.jpg
ブリッジ内は展望台になっており、橋の歴史や稼動部の仕組みなどが丁寧に説明されています。
(といっても英語ばかりで私は読み取ることはできませんでしたが…)

IMGP8724.jpg
ちなみに世間的には『ロンドン橋』とはまったくの別モノらしいです。
ロンドン橋≠タワー・ブリッジということをはじめて知りました。ロンドン橋行きたいですねぇ。

IMGP8727.jpg
近くの街並みは、どこを切り取っても絵になります。

IMGP8735.jpg
そしてテムズ川沿いの広場で適当に撮影していると、それに気付いた子供達がわんさかと集まってきました。
日本で言う遠足みたいな感じらしいです。この後は彼らのスマホで記念撮影。とってもフレンドリーでした。
[ 2017/12/27 23:32 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

その、産業と歴史の島は......(5)


IMGP8532.jpg
で、でたああああああ!!!!
運用の都合で午前10時発の東海岸最速特急列車になれないCI225のフライング・スコッツマン編成!!!!!!

IMGP8527.jpg
びゃあぁ・・・かっこいい・・・
蒸気機関車のフライング・スコッツマンに会いたい!と思っていたけど、こっちに会えただけで満足!!最高!!UK最高!!

IMGP8550.jpg
ホームを渡って一枚。うーん、かっこよすぎやしませんか?
朝から慢性的に曇りだったこの日、数少ない日光が差し込んでくれて、いやー神様、本当にありがとう。

IMGP8555.jpg
ってなわけで、フライング・ニコッツマンは駅を発車していきました。
出来ればコイツに乗って出かけたかった気もするけど・・・まあ出発は明日だから仕方ないね(言い訳)

IMGP8574.jpg
ロビーに戻るとこんな具合で各列車の情報が表示されています。
1時間先くらいの列車情報まで表示されているあたり、日本とはちがうな~って感じなのですが
問題はこいつら、現段階で何番線発着なのか決まっていないということ。
列車名と発着時刻、停車駅のみ表示されており、発車時刻の15分前くらいに番線が決まり表示されるそうで
昨日A列車が2番線から発車したからといって、今日もA列車が2番線から発車するとは限らないそうです。
おそらく分割民営化の仕組みが絡んでいそうな気がしますが、まあ日本じゃ到底考えられません。

IMGP8579.jpg
さてさて、本日もロンドン市内の観光です。
昨日から思っていたのはロンドンの空は広いなぁ、ということ。
一国の首都である以上はもっと高層ビルとか乱立しているものだとばかり思っていましたが、日本とアメリカだけみたいで
ヨーロッパではそこまで高層ビルという高層ビルはないとのこと(友人談)。
特にイギリスは世界大戦でも大きな被害がなく、かつての建物類が現役であること。
またお国柄も重なって、特に地方にいけば行くほど日本のような近代的建物は少ないとのこと。へ~そうだったのか。

IMGP8580.jpg
とはいえ、マクドナルドはやはり世界共通です。
「日本のLサイズは海外ではSサイズだよ」と聞いたことを思い出して、調子に乗ってLサイズを頼んでみたところ
思っていたよりは少ない量が出てきました。やっぱりアメリカが規格外なだけなんだなぁ。イギリスの人はみんな細いし。

IMGP8584.jpg
腹ごしらえも終えて、地下鉄にのって移動します。
非接触型カードで乗車した場合、乗車運賃が一定金額を超えると自動的に一日乗車券としてみなされる仕組みが非常に便利で
友人と「日本にもこういう制度が出来れば良いのにねぇ~」なんて話で盛り上がりました。

IMGP8598.jpg
やってきたのはテムズ川沿いのココ。
世界的に有名なスパイ映画「007」の主人公ジェームズ・ボンドが所属するMI6の本部として登場した建物です。
実際にもSIS(秘密情報部)という政治的機関として建物は仕様されており、まさにMI6そのもの。
・・・ってか、現代で秘密情報を取り扱う機関の場所をこんなおおっぴろに公表してしまってのいいのだろうか(笑)

IMGP8625.jpg
さらに街中を歩きます。
やっぱり都市部だけあって赤い二階建てバスが多く目に付きます。これはその最新型。
運転手さんが私達に気付いたのか、写真を撮るポーズで応えてくれました。自由でいいなあ。
[ 2017/10/22 13:43 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)

その、産業と歴史の島は......(4)

IMGP8471.jpg
初イギリスにはしゃいで疲れてホテルでぐっすり休んだ翌日2日目、ホテル前に2階建てバスのバルジーがいました。
イギリスといえば赤い2階建てバス!!そんな印象もありますが、現在ロンドンを走るバスの大半が新型車両でして
画像のような旧式バスは数えるほどしか走っていないとのお話を伺うことが出来ました。
そんな貴重なバスに朝からめぐり合えるなんて幸せです。

IMGP8486.jpg
さて、地下鉄を乗り継いでやってきたのはセント・パンクラス駅。英仏海峡トンネルを走行する高速列車の発着駅です。

IMGP8504.jpg
Class373 ほわいとろーずおねぇちゃんじゅうななさいをはじめとするユーロスターたちがそこにいました。
動画でしか見たことのなかった迷列車が目の前にいる感動でカメラが震えます(笑)
ちなみに駅舎自体は比較的新しいものなので、内装もご覧の通りガラスを多様した明るいデザインとなっています。

IMGP8511.jpg
別のホームには変態紳士やギリギリ君の姿も・・・
もっと間近で撮影したかったのですが、駅舎内は入れても乗降ホームに入るにはチケットが必要なようで無理でした。

IMGP8512.jpg
興奮を抑えられないまま、セント・パンクラス駅の真横に鎮座するこの駅『キングス・クロス』にも突撃。
本当は翌日3日目にキングス・クロスから列車に乗る予定だったのですが、まあ目の前にあるし、ね?(笑)

IMGP8514.jpg
・・・あれ、セント・パンクラスと同じように見えるような(と最初は思いました)。
けどレンガ造りの壁面などを崩さす、上手く近代的な造形を取り入れているあたりセンスを感じます(適当)。

IMGP8516.jpg
IC125やIC225をはじめとする各迷列車がずらりと並んでいる光景は圧巻!!圧倒的迫力!!!最高!!!!!

IMGP8521.jpg
在来線の車両もいたので記念記念~と撮影していると運転士さんと目があってしまい・・・

IMGP8522.jpg
『日本から!?すげーな!!じゃあ運転台みていくか!?』って声を掛けられたので、お言葉に甘えて・・・。
日本の車両とは違うシンプルさがすごく操縦しやすそうでした。運転士のオジサン、ありがとうございました!!

IMGP8536.jpg
ハリーポッターの「ねえハグリッド、これ可笑しいよ。9と3/4なんてないものぉ」のシーンで使用された場所も発見。
撮影時とはデザインが一切違いますが、ガイドによればココで間違いないようです。
じゃあ近くに9と3/4番線があるはずだ!!ってことで、付近をうろうろしていると―――――
[ 2017/10/15 15:44 ] 旅行 | TB(-) | CM(0)